学校法人皇學館メイン画像

沿革
学園の沿革
明治15年 4月
1882
神宮祭主久邇宮朝彦親王の令達により、林崎文庫内に皇學館を創設
明治20年10月
1887
宇治浦田町(現在の神宮道場の所在地)に校舎を新築移転
明治29年 3月
1896
神宮祭主賀陽宮邦憲王
(久邇宮朝彦親王の第二王巖麿王)を総裁に奉載
9月
宇治館町に校舎を新築し移転
大正7年倉田山移転までの本拠となる
明治33年 2月
1900
神宮祭主本館総裁賀陽宮邦憲王より令旨を賜う
以降、立館の本旨、建学の旨趣・精神・使命として奉載
明治36年 8月
1903
勅令をもって神宮皇學館官制公布
これにより内務省所管の官立専門学校となる
大正 7年 1月
1918
本館改装工事の一部が竣工し、度会郡浜郷村神田久志本(通称倉田山)に移転
(大正5年11月着工、8年10月18日落成式挙行)
これ以降、皇學館の本拠地として神宮皇學館大學、再興した学園の現在に至る
昭和15年 4月
1940
勅令をもって神宮皇學館大學官制公布され、ここに本学は内務省所管の官立専門学校から、文部省所管の官立大学となる
昭和20年12月
1945
GHQより、いわゆる神道指令が発令され、本学の存立危機に直面
昭和21年 3月
1946
勅令により神宮皇學館大學官制廃止
ここに、明治15年4月皇學館創設以来64年の歴史が中絶
昭和27年 8月
1952
五十鈴会第一回全国大会を旧神宮皇學館大學講堂で開き、神宮皇學館大學再興期成会を結成
昭和37年 4月
1962
皇学館大学開学(文学部国文学科・国史学科)
初代総長に吉田茂、初代学長に平田貫一就任
昭和38年 4月
1963
皇学館高等学校を開校
昭和41年 4月
1966
大学院文学研究科修士課程(国文学専攻・国史学専攻)を設置
皇学館女子短期大学(国文科)を開学(昭和51年3月廃学)
昭和45年 4月
1970
「皇学館女子短期大学」を「皇学館短期大学」と改称
昭和47年10月
1972
創立九十周年・再興十周年記念式典を挙行
昭和48年 4月
1973
大学院文学研究科博士課程(国文学専攻・国史学専攻)を設置
10月
皇学館高等学校創立十周年記念式典を挙行
昭和50年 4月
1975
文学部教育学科を設置(平成24年3月廃止)
昭和52年 4月
1977
文学部神道学科を設置
昭和53年 4月
1978
大学附置研究所として神道研究所・史料編纂所を設置
昭和54年 4月
1979
皇学館中学校を開校
昭和56年 4月
1981
神道学専攻科を設置
昭和57年 4月
1982
創立百周年記念式典を挙行
昭和58年10月
1983
皇学館高等学校創立二十周年記念式典を挙行
昭和63年11月
1988
皇学館中学校創立十周年記念式典を挙行
平成元年 4月
1989
佐川記念神道博物館を設置
平成 2年 4月
1990
大学院文学研究科神道学専攻修士課程を設置
平成 4年10月
1992
創立百十周年・再興三十周年記念式典を挙行
館高等学校創立三十周年記念式典を挙行
平成 9年 4月
1997
情報処理センターを設置(平成27年3月廃止)
平成10年 4月
1998
社会福祉学部社会福祉学科(名張学舎)を設置(平成26年3月廃止)
11月
 
館中学校創立二十周年記念行事
平成12年 4月
2000
文学部コミュニケーション学科を設置
平成13年 4月
2001
法人名を「学校法人皇学館大学」から「学校法人皇學館」に、また併せて大学・学校名を「皇學館大学」・「皇學館高等学校」・「皇學館中学校」に名称変更
平成14年 4月
2002
大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻修士課程を設置(平成24年3月廃止)
7月
 
創立百二十周年・再興四十周年記念式典を挙行
平成15年 4月
2003
社会福祉学部附置研究所として地域福祉文化研究所を設置
(平成25年3月廃止)
9月
 
皇學館高等学校創立四十周年記念式典を挙行
平成16年 4月
2004
大学院文学研究科神道学専攻博士課程を設置
大学院文学研究科教育学専攻修士課程を設置(平成25年3月廃止)
平成20年 4月
2008
教育学部教育学科を設置
社会福祉学部開設十周年記念事業実施
6月
 
教育開発センターを設置
平成22年 4月
2010
現代日本社会学部現代日本社会学科を設置
平成23年 4月
2011
名張学舎を伊勢学舎に統合
平成24年 4月
2012
創立百三十周年・再興五十周年記念式典を挙行
大学院教育学研究科教育学専攻修士課程を設置
平成25年 4月
2013
研究開発推進センターを設置
9月
 
皇學館高等学校創立五十周年・皇學館中学校創立三十五周年記念式典を挙行

新着情報NEWS